経費削減アイディアは、決して経営者が考える物ではありません。
会社が一体になって、経費削減アイディアを考える必要があります。

具体的に、大手企業を例にとって説明していきましょう。

世界のトヨタ等は毎月5Sと言い、改善の時間を取っております。
そして、この改善活動こそが、トヨタを世界のトヨタにした原動力なのです。

そして、この改善の中で、多くの経費削減アイディアが計画され実行されました。

では、何故経営者が経費削減アイディアを考えてはいけないのでしょうか?
これは、経営者が考えてはいけないと言う訳ではないのですが、
実際に経費削減アイディアを実行する人、
つまり社員が経費削減アイディアを計画しないと決して良い結果が出ないからです。

経営者は、もちろん経費削減アイディアを出しても問題ありません。
ですが、具体的な詳細等を詰めるのは、社員にやらせた方が良いのです。

他の人が考えた経費削減アイディアと、
自身で考えた経費削減アイディア。。。

どちらを実行していと思います?

これは、当然自身で考えた経費削減アイディアかと思います。
そして、自身で考えた経費削減アイディアだからこそ、
言葉に重みがあるのです。