家庭で使用しているような節水器で経費削減ができます。

一般的な水道は全開時の場合一分間に約20リットルの水が排水されます。

これが、例えばホテルなどの年間を通じて多く水を使用するような場所では、
かなりの水道料金になるでしょう。

そのような場所に節水器を使用すれば、かなりの効果が期待できます。

節水器は比較的安く購入でき、誰でも簡単に取り付けできます。

節水器利用時、全開に蛇口を開いても全開時より、約60%の水しかでません。

40%節水できるということは、1分間で約8リットルの節水が可能になります。

年間を通じて稼働率がある一般的なホテルが、年間で2920万リットルの水を使用するとします。

料金に換算すると、2400万程度です。

大浴場の湯船などの水は節水できないとして、これを大まかに20%節水できたとすると、
年間で580万リットルの節水ができたことになり、

480万円の経費削減ができたことになります。

小規模な経費削減でも長い目でみれば多大な効果が表れます。